今の時期「うこぎの切りあえ」が美味しいのでご紹介。


「米沢の名物うこぎ」は、お殿様(上杉鷹山公)が

垣根になり、食べられて、栄養がある事から
植えるように奨励したとされている。



今年も新芽が出たよ〜

っていうか とっくの昔に出てますが、

当館の玄関前でも見られますので、ぜひどうぞ。


さて、食べ方はいろいろありますが
なんてったって美味しいのは、

「切りあえ」

作り方は様々のようですが、
基本的には以下の手順。

・うこぎの新芽を茹でる→刻む
・味噌に焦げ目をつける
・クルミ等を混ぜても良い

最後に混ぜて刻みあわせる

お味噌とウコギの分量で味を調整して下さい。
白米の上にのせて うーん美味しい♪♪



::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
笹野一刀彫りの里

笹野一刀彫りは上杉鷹山公が農民の冬の仕事に奨励し、米沢市のシンボルのひとつとなっている。

笹野観音様の山道入口に位置する 「曲家なでら」さんは美味しいお蕎麦屋さん。

冬も過ぎて だんだん温かくなりつつある本日、パンフレットを配りに来て下さったので紹介します。

「そばの種まきから石臼挽きによる自家栽培・自家製粉」と記されており、こだわり蕎麦屋さんなのだと伺えます。

実は 僕は なでらさんの蕎麦が好きなのですが、その中でも 「そばかいもち」が大好き!

ふんわりもちもち。パンフレットに偽りなし。

基本は そば粉を練った食べ物ですが、それだけじゃ終わらない。

ってゆーか 蕎麦とは思えない。

まずは、プリンやゼリーを通り越しています。

暖かいのに、まるでババロアのような ふわふわもちもち。


 蕎麦なのに もちふわ感! が楽しめるっ


加えて なっとうだれ&ごまだれ攻撃!

甘くてコクのある ごまだれ。
しょっぱくて美味しい なっとうだれ。

甘い→しょっぱい→甘い→しょっぱい→甘い・・・無限ループに陥れられます。

すでにワナにハマっている状態。
気付いたときには 遅かったっていうアレ。

つまり

 や・め・ら・れ・な・い

食べ物なのです。



あー 食べたくなってきた!

なでらサン
罪なおひと(笑)

――――――――――――――――――
以上 食べたくて ハイテンになってしまいました。
皆さんも召し上がれ〜



::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
一昨日の金曜日から米沢市で在来野菜のシンポジウムや視察が行われている。
参加者の方が 小野川温泉に宿泊し、冬の小野川名物 豆もやし・あさつき の現地視察にお越しになった。

遠藤さん(山菜屋)より資料を頂いた。

山形新聞に掲載された 江頭先生の記事である。

地元の目線と違い、興味深く読ませて頂いた。

この特徴ある 豆もやし。小野川温泉にずっと残って欲しいものだ。



::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
小野川温泉 冬の名物 豆もやし。

この日の朝は、雪が多くて
生産者の方が いつもと違う場所から豆もやしを運び出してました。

車の荷台、くっついた雪の感じから やっと車を出してきた感じがします。

青いコンテナの中に収穫したばかりの豆もやしが入っていて、これから選別作業をするのでしょう。

豆もやしの生産は冬期間無休。ハードなお仕事です。

美味しい豆もやしに感謝。



::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
かわいい小町のパッケージに パイ菓子。


「小町の初恋」


向かいのお土産つたやさん(つたや物産)の新作お菓子です。


僕はつたやさんのアップルパイ「林檎小町」が大好きなんです。
米沢りんごを100%使用した 食べ頃サイズの自家製アップルパイ。

その流れを汲んだ「あずきミルクパイ」の試食を頂戴しました。

感想:パイ生地は 以前からのノウハウがあるつたやさんならではの完成度。
 中身は適度に甘くミルキー。嫌みがなくついつい食べちゃう感じ。
 お菓子屋さんが作ったような素直な美味しさです。


温泉街の おみやげの定番は 温泉まんじゅうがメジャーです。
他にも各地いろいろありますが、どうぞお試し下さい。

しかし、
ひとつだけお断りしておきます。



僕はアップルパイが

大好きです。


しかし・・・

生のリンゴは嫌いです(笑)


リンゴを見ても 美味しそうだな〜
と、思う事はあります。
でも、生はダメ。

【ダメ】
・生のリンゴ

【OK】
・リンゴジュース
・アップルパイ
・リンゴすり
・リンゴのお酒
・その他リンゴの加工品


リンゴを生で食べる時の音と食感が苦手!

あの音を聞くと 背筋がサワサワします。

リンゴの皮を剥く音、誰かが食べる音

音だけ で もうダメなんです。

だから、この記事を書いていても
リンゴの音を頭の中で想像して 背筋がサワサワなってます。(笑)


でも、アップルパイは大好きです!



素朴な疑問。
小町の初恋は、誰がネーミングしたんでしょ。







::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
おうちカフェぼぬーるさんのアップルパイです。

美味しそうですね〜

リンゴの収穫時期ですから 米沢市の舘山地区に リンゴ畑が広がっており、
館山リンゴの名称で親しまれています。

なにせ 米沢名物ABCのトップバッター → Appleですし。

紅玉という酸味のある 甘酸っぱいリンゴが米沢に古くから伝わる品種です。

秋になると 国道121号線とその付近の館山エリアでは直売所があちこちに目に付きます。

リンゴの他に 山形が誇る ラ・フランスも出始める頃ではないでしょうか。
※ラ・フランスは食べ頃のタイミングがシビアなので注意が必要。

とにかく アップルパイが美味しかったです。(^_^)





::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
後輩に誘われて、お昼食べて来ました。麺匠いとう。
場所は旧愛宕小学校跡地の隣。
カタクリの花が咲く場所としても有名です。シーズンが来ると群生しているらしいです。恥かしいのですが、群生地に行った事はありません。

中華そば=米沢ラーメン

あっさり醤油ベースのスープ。細い縮れた麺。定番の米沢ラーメンでした。
美味しかったのでまた。(^-^)
580円也

前は蕎麦のお店でしたが、いつのまにかラーメンメインになったんですね。
直売野菜なども並んでました。







::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
久々の本日のお通し!
モーカの星(鮫の心臓)と玉ねぎ炒め、味はみそとケチャップベース。
意外に柔らかい。

::やな川屋のござっとごえ〜
2012.06.08:yanacya:[美味い小野川]
俺、一度食って見てーと思ってたんだ、「ぷよぷよまん」というやつをよ!

と、いうわけで
さてさて、「ぷよぷよまん」

ぷよぷよラブの俺が買わないでどうする!
ここは ひとつ大人買いをしてやれwww


世の中を賑わせているかと思いきや 割とマイナーみたい (^_^;

なぜなら・・・ 東北では ココストアという米沢には1店舗しかないお店での取り扱いとなっております。

ソースはこちら
http://tabetainjya.com/archives/food/12320/


幸いながら ココストア米沢店は家から車で10分もかからない場所だ。
本日の気温は 先ほどー7℃とツイートしたが、雪も降り始めて 先ほどの気温よりは上がった様子。

よし、僕は車で ココストアへ!

お店に入るなりまっさきにカウンターの ホカホカおまんじゅうが販売されているケースへ向かった。
そこには ぷよぷよまんは無かった。
ポスターも、ポップも、張り紙も 売っている気配がしない。

さっきはココストアが まばゆいばかりに輝いて見えたのに、
今となっては 店内がどんより暗く感じてしまっている。

僕:ぷよぷよまんは販売してませんか?
店員:ちょっとわかりません。
僕:扱ってはないですか。(しょぼん)
店員:この先のファミマだとあるかもしれません。
僕:え!?

いやいやいやw 東北ではココストアで取り扱っているというWEBの情報なのに。
しかも親切にファミマを紹介してくれるあたり この店員さん気に入ったwww

他の店舗にあるわけ・・・ あるかも!? ビクッ


そうか、例外があるかもしれない。ファミマまで約200mすぐに行くしかない。
意気揚々とココストアを後にしたが、ファミマには当然の事ながら ぷよぷよまんは販売されていなかった。

きっとここにはない。 スライム肉まんの時に 華やかに売られていた ホカホカまんじゅうのショーケースを思い出していた。

あの頃は良かった・・・


しかし、ぷよぷよが こんなに酷い仕打ちをうけていいのか。

井村屋よ、どうしてファミマに卸さなかったんだよーー

その後 セブンイレブンに立ち寄って見るも 僕に対してショーケースは冷たい対応。
本来なら あったかーいハズなのに 手を入れれば ホカホカなのに、

ぷよぷよまんが入ってない ホカホカのショーケースはアイスクリームが入っているような温度差を感じていた。

もうダメモトだ!

もう一件ファミマじゃー ないっ!

もう一件ファミマーーーっ ないっ!

帰る。 もー帰る。
でも、最後にちょっとお買い物。

コーヒー牛乳が飲みたいので それを買う。

たまらずファミマの店員さんに

「ぷよぷよまんは取り扱ってませんか、井村屋だと思うんですが?」と、訪ねると。
カウンターの後ろの冷凍庫を開けて 井村屋だ。と、確認してくれた。
しかし、知らないとの事。

「逆に気になります」と会話は一瞬はずんだのだが、店員さん知らないんじゃ・・・ダメダ。

2日前の 1月23日に発売してるんだから知らないはずないもんなぁ。


そして帰り道。

思いついた。 これだ!!

山形県内にある ココストアへ電話すればいいんだ。

上山店(自宅から夏道で1時間ほど)に電話するとっ!?


「取り扱ってますが日中です。今はありません」


キタキタキターーーッ

今の時刻はダメらしい。
よーし 作戦は明日決行するしかない。

ぷよぷよに恩返しできるのはこんな時しかない。(単なる言い訳)


あれ?店員さんコーヒー牛乳のストロー入れ忘れてるよw
パックからダイレクトに飲めばいいか!
(なんでも許せるモードに突入していた)



本日のまとめ

・米沢のココストアに立ち寄ったが ぷよぷよまんは無い。
 しかし、日中ならあるかもしれない。明日 米沢のココストアを確認

・上山市のココストアに(日中)はある。(片道1時間)
 行く前にTELすればなんとかなるだろう。

・山形県内にあと2軒くらいココストアがある。

・どうする俺

・ストローは袋の中に入っていた(ごめん店員さん)



つづく



::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
戸田寒風さん


笹野一刀彫り


山形県米沢市笹野地区で作られる 鷹の木彫りを代表として 米沢のシンボルにも頻繁に見受けられる笹野一刀彫り。

サルキリと呼ぶ独特な刃物。それを使いこなして作られる 笹野一刀彫り。
その刃物は金物で有名な新潟へ特別に注文して作られているそうだ。

職人さんの数は年々減っているとも耳にする。

その中で 戸田寒風さんは代表的な存在だ。

笹野一刀彫りだけでは 売り上げも落ちていると聞くが、
やる気と手の器用さで 最近は 葡萄のツルでバッグ等を作られている。


【技術】

中学校の頃から刃物を持っていろいろ作っていた。と、お聞きした事があった。

お客様の目の前で スイスイと いつのまにか作品の形が仕上がっている様子は 感動してしまうほど。


でも、
僕が好きなのは その腕を持ちながら 人柄がいいという事。

ユニークで温かく それでいて厳しさを持っている。

催事場などで
マッチ棒のような小さな お鷹ポッポを 作って見物客にプレゼントする事もあるそうだが、 たまたま ポキッ と失敗してしまったそうな。

そんな時に 「お客さん珍しいものが見れたね」と。

「俺が失敗するトコロを見るなんて めったにないから ラッキーだよ」
と、いう意味だそうで。

いろいろな新しいデザインの木彫りをイメージの中から作り上げる 発想力がそんなユーモアも一緒に育つのだろうか。


干支

毎年 この時期に干支づくり。 と、なるわけだが、
真骨頂は 笹野花である。

昔、冬期間 仏様に飾る花がないので 笹野一刀彫りで作られる こまかく縮れた 非常に手の込んだ花を飾ったそうだ。

うちも 毎年笹野地区のお客様から頂戴するのだが、それを見る度に感心する。



コロラド州

コロラド州と山形県は姉妹関係にあるのだが、
デンバー国際空港に 笹野一刀彫りが飾られているのを目にした。

戸田さんすごい! 見知らぬ土地でショーケースの中に 堂々と お鷹ポッポが胸を張って飾られていた。


今日も 戸田寒風さんはお店を兼ねた作業場で笹野一刀彫りを作っているのだろう。



::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
2011.12.13::[美味い小野川]
先日 佐藤果樹園さんにお邪魔して 撮影して来ました。

さくらんぼ。


なんか。。。 もう。。。

食べ物じゃないみたい。


今年は豊作。

まだの方は
どうぞ お問い合せ下さい。

佐藤果樹園
0238−38−3006

ホームページ



::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
2011.07.06::[美味い小野川]
ちょっと昼寝して起きたのが2時。
母に お昼は何を食べたの? と、聞いたら

「コーヒーとラスク」という返事がきた、俺もそれに倣う。

先日 購入した ブルーベリーの紅茶(25Pで¥98)と
おしゃれなデザインのラスクを ボリボリ。

この紅茶、安いだけあって 1コ1コ ビニール袋に入っているタイプとは違う。 (気の利いた紅茶なら1つずつ ビニールやアルミパックされている)


ブルーベリーは好きだが 紅茶のそれは 初めて。
薄めにいれただけあって クセの無い飲みやすいフレーバーだ。

ラスクは バターがたっぷりタイプで砂糖がまぶしてある。

なにこの 女子会みたいな パターンは。。。(汗)


ええっ? もしかして 最近はやりの 中世的な・・・ ナイナイ(笑)


こんな昼食で大丈夫か?

大丈夫だ問題無い。



夕方頃 無闇に台所に出没する可能性 80% だな コリャ。


―――――
追記

こんなんで 昼ご飯が終わるわけないよなぁ〜
と、思っていたら 母がカレーを暖めて 持ってきた。

僕はその香りにやられて、すぐに台所へ走り カレーを食べたのでした。(笑)





::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
2011.06.01::[美味い小野川]
この時期 山菜が旬です。

何が この写真に隠れているか わかるかな?

下の候補から 選んでみて。


 わらび

 こごみ

 ぜんまい

 うるい

 あいこ

 うど

 どほな



 緑一色(リュウイーソー)
 それは 麻雀の役か。

しかし、まさに「緑だけ」そんな感じ。

 いまの時期 食べなきゃソン!


あ、 問題に対する答えは ありません。ぉぃ

この写真を撮影したのが 先日だったので
詳しいこと 覚えていないんだよなぁ。

こごみ、どほな、うるい、までは確認できるけど、
左の大きなヤツって クキタチ?
山菜じゃないじゃん(笑)

そーゆークイズ形式に するなよな!(自分ツッコミ)


今の時期 わらびは 小野川温泉の近くで 出てますヨ〜


※P.S.
B’zのアルバム GREEN をBGMにしながら。
良い曲が入ってますヨ


::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
2011.05.22::[美味い小野川]
いちご

イチゴと聞いて 思い出すのは なんだろう。

僕はそんなにイチゴに接しているだろうか。

子供の頃、イチゴにコンデンスミルクをかけ、
イチゴスプーンで潰して食べた。

その頃は、なにも考えず、甘いコンデンスミルクが好きで、
それだけ舐められれば美味しいのにとさえ 考えていた事だろう。

コンデンスミルクとなると、思い出深いのは高校山岳部で、
月山登山を行った時の事。

夏山スキーで有名な月山には、スキーヤーが各々楽しんでいた。
眩しく照らす夏の日を浴びて、暑さと雪の冷たい空気を同時に感じ、
颯爽と滑り降りる。

スキーを脱いで座り込んで景色を眺めている人もいた。

僕らは山頂を越えて ゲレンデの横を下山ルートに選んでいたので、
派手なスキーヤーの横を 地味でトボトボ歩いている山岳部。
という風景だった事だろう。

雪の積もった部分と、雪が溶けて山道が顔を出している部分があり、
土の上を歩いたり 雪の上を歩いたり あっちこっち行き来した。

月山への登山者は そんなに珍しいものではないだろうが、
やはり目立ったと思う。 スキーをして育った僕は 恥ずかしいと思いながらゲレンデを歩いていた。

その頃、コンデンスミルクにも ねり歯磨きが入ったタイプに似た
チューブ式が発売された頃で、山での栄養源になるし、
甘い物好きの僕は これを そのまま舐めちゃえば とってもいいのでは? と、持参したのだ。

歩きながら食べられて、キャップができて清潔。味は美味しいに決まってる。
チューブ入りコンデンスミルクは、友人にも好評だった。

休憩時間。

つまりは、このミルクを 月山の雪にかけると かき氷になる。

スプーンで、表面の雪を削り取り 中の綺麗な雪を取り出し、 
月山スキー場の中腹で、ザラザラした雪にコンデンスミルクをかけて食べた。

外で食べると何でも美味しい。

山岳部で学んだ事は、今の旅行スタイルにも生きている。

やる気のない山岳部部長でした。
山岳部顧問の増田先生・東海林先生ありがとうございます。


ちなみに このイチゴは
飯豊町産 箱入り娘 という品種。

コンデンスミルクはかけず、調理場で立ったまま つまみ食い。
小粒のイチゴでした。 イチゴって大粒と小粒、どっちが良いのでしょう?
果肉がきめ細かく、あっさり上品な食感で 甘い

美味しかったです。Yさん。ありがとう。 m(_ _)m


::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
2011.03.02::[美味い小野川]
やっぱり つや姫のデザインは いいなぁ

このデザイン
しっかりしているようで、ちょっとシットリ感。

山形県知事(女性)が着物を着てCMした印象が強かったのだろうか。
今でもそのイメージが残る。

新製品を見ると 試してみたくなる。
近所の いわせ商店の入り口付近で発見。

お味。
つや姫 玄米茶は あっさり系で飲みやすくクセも無い。
いろんな つや姫ブランド展開を楽しみにしてます。

うこぎ茶は 今まで同様と、思いきや販売者は農協です。
(製造者は謎)
製法に違いはあるのか。価格は同様で ちょっと高めの 180円。

オリジナル製品は 手間がかかるのだろう。デザインも。

ん? 確か 以前の うこぎ茶のデザインは…(謎)

調べてみると思い白いかも。面白くないかも。


::うめたまblog-小野川温泉うめや旅館
2011.02.03::[美味い小野川]
  
これはChannel lavo(チャンネルラボ)のロゴです